簡単にできる肌を保湿する方法

簡単にできる肌を保湿する方法

肌にとって何より大事なケアはしっかりと保湿することです。自宅で誰でも簡単にできる肌を保湿する方法があります。肌の保湿は、肌の乾燥が気になる人だけでなく、あらゆる肌の人にお勧めしたい方法です。化粧水を肌の隅々にまで行き渡らせることが、肌の保湿では重要です。ローションを使ったパックで保湿をしましょう。水でコットンを濡らし、余分な水気をしぼった後に直径1.5p程度の化粧水をつけます。そのコットンを顔の各部位に3分間つけておきます。これだけで効果的なローションパックをすることが可能です。大判のコットンを使って、何枚かに薄く裂いてから使うと効率的です。最近は肌の保湿のためにローションパックをする人も増えているので、ローションパック用のコットンも販売されています。パックの時間はあくまで3分間でそれ以上はおかないようにします。3分以上おくと化粧水が戻って蒸発してしまいます。化粧水パックをした後の肌をそのままにしておくと肌から水分が逃げていってしまうので、クリームをつけて肌の水分が乾かないようにします。より効果の高い保湿パックを行いたいという人は、ローションパックの上からラップをするといいでしょう。水分が出て行かないため、ラップをすれば15分程度はローションパックをしておけます。お風呂の中でローションパックをするのもいい方法です。パック後は美容液とクリームで顔にフタをしましょう。美肌になりたい人は、自宅で手軽にできる方法でしっかりと肌の保湿を行いましょう。