利用額をどれくらい支払うか

利用額をどれくらい支払うか

大まかに分けると、1回で支払うか、分割して支払うかの方法がクレジットカードの支払いにはあるといいます。一括で支払う方法はマンスリークリアともいい、翌月あるいは翌々月に一回で全額支払うというものです。クレジットカードを一括払いで支払うと、割賦販売法を当て嵌めることはできませんが、金利はかかりません。

 

何か問題点が」カード会社との間にあった場合には、途中で返済を中止するという、抗弁権を活用できません。

 

クレジットカードの支払いをいくつかの回数に分けて払うことを分割払いといいます。分割払いと言えないのは、2回払いやボーナス払いの場合です。1ヶ月当たりの返済の負担額を少なくすることができますが、金利に基づく手数料が必要となります。毎月の支払いが一緒になると返済額が増えてしまうことがあるのが、分割払いの注意点です。

 

クレジットカードのリボルビング払いという返済方法を利用すれば対処できるでしょう。限度額内までなら、いくら買い物をしても、月々の請求額は一定の金額以上にならないというものです。たくさん借入額が増えると、長い間返済が終わらないという状況になることです。

 

リボルビング払いには残高スライド式というものがクレジットカード会社によってはあるようで、だんだんと返済残高に応じて月々の返済額が上昇するといいます。自分ではあまりわかっていないうちにクレジットカードを使いすぎてしまうことが、月々の返済負担は楽になるとはいえあるようです。利用額をどれくらい支払うか自分で分かったうえで、クレジットカード利用することをおすすめします。