ホメオパシー療法

花粉症対策のサプリメント

花粉症対策として注目されているサプリメントに、19世紀にドイツで確立されたホメオパシー療法があります。単純に花粉症の原因を直接抑制する成分を摂取させるのではないといいます。ほんのわずか原因を発生させる成分を投与することで、免疫機能の向上を自然の治癒力を高めさせりことではかるという方法です。ホメオパシー専門の薬局もアメリカやイギリスでは、西洋の伝統的な伝統医療なのでよく見かけます。まだ日本では馴染みが薄いですが、このホメオパシー理論を取り入れた商品が花粉症サプリメントの中にはたくさんあるようです。レッドオニオンは粘膜の炎症やくしゃみには、鼻づまりにはアドレナリン、目の赤みやくしゃみにはサジバラが効果的だそうです。様々なホメオパシー成分があるといいます。つらい症状を軽くするために、サプリメントで免疫機能の向上をします。室内アレルギー用やペットアレルギー用のサプリメントも販売されており、花粉症用だけではないそうです。国内のサプリメントや医療機関の中にも最近増えてきたのが、ホメオパシーの治療を用いるところです。この方法は人が本来持っている治癒力を利用するものなので、効果は本人の治癒力が衰えている場合は薄い場合もあるでしょう。効果がゆるやかで副作用がないなどのメリットがあり、花粉症の薬のように摂取しても眠くならないサプリメントなのです。
伊藤潤一